>  > あの余韻、癖になりそうです

あの余韻、癖になりそうです

風俗ではあまり余韻にはこだわっていないというか、男って一発発射するその瞬間こそがまさに絶頂じゃないですか。でもそうじゃなかったんですよね。その日相手をしてくれた風俗嬢のEさん。彼女とのプレイは絶頂ももちろん素晴らしいものであったことは間違いないんですけど、それだけではありませんでした。余韻が素晴らしかったんですよ。絶頂を迎えた後は基本的にはいつもすぐに気持ちが切り替わるというか、まさにリフレッシュって感じだったんですよね。だからこそ風俗は気分転換にもなるって思っていたんですよね。でも彼女とのプレイだけは帰り道、ずっと「なんて気持ち良かったんだろう」ってことを考えていました。何がって聞かれると具体的に何が素晴らしかったとかは分からないんです。自分としてはいつも通りのプレイを楽しんだだけだと思っているんですけど、自分の体はそうではなかったみたいなんですよね。この謎を解くため、また彼女を指名しなければですね。

新人デリヘル嬢が相手でした

新人デリヘル嬢の相手はこれまでの風俗でも初めてかもしれません。デリヘル店に電話すると「新人で良い子がいますよ」と。そのデリヘル店はちょくちょく利用するのでお店からこういった形で提案してくれることもあるんですよね。それで利用してみたんですけど、新人がここまで良いとは思いませんでした。彼女はお店の新人ではなく、風俗業界未経験の新人。だから相当緊張しているのが分かりました。自分が初めてのお客とのことだったので仕方ないでしょう。その緊張ぶりがこちらからすれば可愛く映ったものですが、テクニックに関しては新人離れしていましたね。それがまたこちらを刺激したんです。まだまだ新人。それなのに上手。ということはこれまでの男性経験が相当なものなんだろうな…って思うじゃないですか。見かけはアイドルとしてでも通用するかのような雰囲気でありつつ、男たちに相当鍛えられたんだなって思ったら興奮がより高まったんです。それも含めて満足ですね。

[ 2017-01-10 ]

カテゴリ: 風俗体験談